有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gmshでの形状作成

まず、Gmshのアイコンをクリックします。

するとウインドウが2つ立ち上がります。

大きい方のウインドウはタイトルのところに作業フォルダの場所が書いてあります。

こちらに作成していくモデルが表示されますので、モデルウインドウ(私が勝手に名前をつけました。正式なマニュアルの中には別の正しい名前があるかもしれません)と呼びます。

もうひとつはタイトル名がGmshと書いてあります。

(ここで、初めてGmeshではなくGmshということに気づく(^ ^;)。訂正します。関係者の皆様すいません。)

こちらのウインドウはメニューウインドウと呼ぶことにします。(これも勝手に)

GMESHスクリーンショット
左側がモデルウインドウ、右側がメニューウインドウ。

はりモデルで要素の精度を評価したいので、断面が1x1、長さ20のはりを作成します。

大まかな手順は

1.断面の4つ頂点をつくる。

2.頂点を4つの線で結ぶ

3.線で囲まれた領域に面を作る

4.その面を押し出してはりの形状を作る

5.メッシュを切る

ブログのサーバの調子が悪いようなので、今日はここできります。


***これはフリー有限要素法ソフトウエアCalculixについての説明です。ABAQUSコマンドの説明ではありません***

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/24(水) 23:32:50|
  2. Gmshプリポスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Gmshでの形状作成(その2) | ホーム | フリーのCAEプリポストGmshのインストール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/93-b498f035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。