有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CalculiXテトラ要素(四面体要素)を試してみる

六面体要素は今まで使ってきたので、今回まずは、テトラ要素(四面体要素)を試してみようと思います。

テトラ要素は多少複雑なソリッド形状でもメッシュを作成するプログラムが対応してくれます。

3D-CADデータをCAEソフトにインポートして、メッシュを切るときに重宝される要素です。

ただし、1次要素では精度が悪く、2次要素が一般的に使用されます。

というわけで、CalculiXのテトラ要素を試すためにデータを作ろうとしたのですが、

cgxがテトラ要素作成に対応していないようだ

ということがわかりました。

ちなみにポスト処理には対応しているようです。

しょうがないので、フリーソフトの

Gmsh

をつかって、モデルを作成することにします。

***これはフリー有限要素法ソフトウエアCalculixについての説明です。ABAQUSコマンドの説明ではありません***

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/21(日) 21:50:21|
  2. CalculiX要素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<フリーのプリポストGmshについて | ホーム | CalculiXの要素>>

コメント

ソルバーの要素タイプは多彩だが、
プリのメッシャー非対応はよくあります。


丁度現在、六面体メッシュと、テトラメッシュで、
ゴタゴタやってる案件ありますが、
そのケースはテトラ(確か一次要素で・・)
×なのか、六面体解がなり良いようです。


昔に作成した多彩なライブラリー切って、
テトラ一に絞ったソフトは
ソリッドワークスに組込まれてるコスモスとか
結構あります。

また、多くの要素形式に対応する市販ソフトも
特にCAD連動ですと、
使える要素形式が限定化されます。


特に六面体で全て切れるのは一部ケース。
多くはテトラ混在が必要になります。
私も六面体で押すつもりが、諦めて三角追加になってしまいました。
  1. URL |
  2. 2008/09/22(月) 10:10:20 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

jjishiさん

コメントありがとうございます。

現在のCAEは3D-CADが前提になってきているので、やはりそうなるとテトラ要素を使わないとメッシュ切り作業が厳しくなりますよね。

昔からFEMやっている方は、六面体でないとなんか気持ち悪い、という方が多いようですが。

ただ、世の中の趨勢は3D-CADデータをテトラ2次要素でメッシュ切りということのようですね。

解析の専門家が図面見ながらヘキサ要素でメッシュが切れるような3Dデータを作成するのは、効率が悪い、ということのようです。
(私の仕事は未だ3Dデータから作っていますが。。。)

  1. URL |
  2. 2008/09/23(火) 09:12:31 |
  3. tsunodako #JalddpaA
  4. [ 編集]

実際のところ、どうなんでしょうね

>>現在のCAEは3D-CADが前提になってきている

世間趨勢も怪しく、意外と駄目分野あったりします。
私は熱交とかやってますが専用モデラーです。
CADでフィン全部描けず、箱描いてますから
応力計算しようにもメッシュが・・・。


最近は他分野もやってて、自動メッシュうまく行かず、
専用モデラ作るケース多々あります。

土木のように、元から専用ソフト強い分野もあります。
ソフトもメカ系より概ね安いようで・・。
結合など多い分野は、メッシュ肥大や乱れ等で
事例ない訳でないですが、自動メッシュも難しいいう。



汎用ソフトがかつて作った、多くの要素ライブラリー群が
見捨てられ当然なのも予想された感はあります。

説明書みながら、
「こんなライブラリー使うんかなー」
なんて昔昔思ってましたが、
やっぱ使わないいうか、使えないいうか・・。

ニーズあるから作った思われますが、
対応メッシャーがない要素タイプが膨大で。
折角作ったのに、大変に勿体無いであります。
時代経ても未解消いう。立体図を扱う難しさでしょうね。
  1. URL |
  2. 2008/09/24(水) 00:24:33 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/90-82971e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。