有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

open foam system フォルダの中のファイル(2)

前回、
ontrolDict
の解説をしたが、あと
fvSchemes
fvSolution
と2つ説明してないファイルが残っている。
個人的にはマニュアル読んでよくわからなければこのファイルは触らない方がよいと思う

何が書いてあるかというと、スキームの設定とそのパラメーターである。
スキームって何だ、簡単にいうと計算方法である。
つまりどんな計算方法を使うかどんな積分方法を使うか
どんな方程式の解法を使うか、その収束条件は、等書いてある。
CFD(流体解析)は構造解析と違って、まだ多くの問題に一般的にに通用する方法というのが固まっていない部分が多いような気がする。
構造解析であれば、要素の形状により、この形状のときはこんな形状関数を使ってとか数値積分方法この方法を使っていてという風に必勝パターンのスキームがほぼ決まっていて
NastranやABAQUS、ANSYSなどの商用ソルバーも似たようなスキームを使っている。
CFDも大分一般的にに使えるスキームというのが決まってきていて、それらがFluentやSTAR-ccm+などの商用ソルバーのデフォルト値に採用されているが、
そんな商用ソルバーもよく見てみるとスキームをデフォルト以外に変更できたりするのである。
CFDのスキームはこのように研究段階であるので設定を変えやすくして研究しやすくしているのがopenfoamの特徴でもあるとのことらしい。
(逆言うと私みたいにえいや、というレベルでもいいからCFD結果がほしいという人には向かないかもしれない(笑)

というわけでこれらのファイルはCFDをある程度知っている人が設定を変えるべきであると私は思う。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/12/21(水) 11:00:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Openfoamの境界条件、初期条件のインプット | ホーム | controlDictには何が書かれているか(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/875-fd5961b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。