有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

open foam メッシュをを細かくしてみる(3)

ではblock meshの使い方を見てみよう。
前にも書いたとおり、グラフィカルなインターフェースを持つメッシャーでない。
多くの流体ソフト、商用流体用プリプロッサはグラフィカルなユーザーインターフェイスをもち、
マウスのクリックでメッシュ切りや解析の設定を画面上のボタンなどで設定する仕様となっているが、Openfoamのブロックメッシャーもスナッピーメッシュもメッシュ作成ソフトはテキストファイルで設定を行い実行して、
メッシュの結果はparaviewなどのポストプロセッサーで見る仕様になっている。
この時点でざせつぢてしまった人も少なからずいると思うが、このブログではがんばってこの先進めたいと思う。
この先前に紹介したcavityの例題を例にやっていきたいと思う。
ブロックメッシュの設定ファイルはデータファイルがあるディレクトリの中のsystemと言うフォルダの中にあります。33_system1.pngその中のblockMeshDictと言うファイルを開きます。
34_system2.png
改行コードがlinux仕様であるため、windowsのメモ帳では正しく開けないので、linuxの改行コードに対応しているテキストエディッタで開くと良いでしょう。35_system3.png
次回から設定内容についてみてみましょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:CAEシミュレーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/12/09(金) 07:29:12|
  2. openfoam
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<blockMeshDictの中身を見てみる(1) | ホーム | メッシュを細かくしてみよう(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/864-1f4ce3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する