有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nastranでモード形状にかかる係数を求める場合の入力データ


それでは、Nastranでモーダル過渡応答解析のデータを作成します。

まず節点番号4に与える荷重の振動数が30Hzの場合、

Femapで作成して、Nastran入力ファイルにエクスポートすると、以下のようになります。


INIT MASTER(S)
NASTRAN SYSTEM(442)=-1, SYSTEM(319)=1
ID F0Hz,Femap
SOL SEMTRAN
TIME 10000
CEND
SDISP=ALL
TITLE = NX Nastran 時刻歴 解析セット
ECHO = NONE
DISPLACEMENT(SORT1,PRINT) = ALL
SPC = 1
DLOAD = 1
METHOD = 1
SDAMPING = 5
TSTEP = 1
MEFFMASS(PRINT,GRID=0,PARTFAC,MEFFM,MEFFW,FRACSUM,SUMMARY) = YES
BEGIN BULK
$ ***************************************************************************
$ Written by : Femap with NX Nastran
$ Version : 10.2.0
$ Translator : NX Nastran
$ From Model : E:\work\dynamic_seminar\modal_dynamic\NASTRAN\30Hz.modfem
$ Date : Thu Jun 14 23:03:08 2012
$ Output To : E:\work\dynamic_seminar\modal_dynamic\NASTRAN
$ ***************************************************************************
$
PARAM,POST,-1
PARAM,OGEOM,NO
PARAM,AUTOSPC,YES
PARAM,GRDPNT,0
CORD2C 1 0 0. 0. 0. 0. 0. 1.+FEMAPC1
+FEMAPC1 1. 0. 1.
CORD2S 2 0 0. 0. 0. 0. 0. 1.+FEMAPC2
+FEMAPC2 1. 0. 1.
EIGRL 1 10 0 MASS
$ Femap with NX Nastran Load Set 1 : Untitled
$ Femap with NX Nastran Function 5 : 臨界減衰比(ζ) 関数
TABDMP1 5 CRIT +
+ 0. .05 5000. .05 10000. .05ENDT
$ Femap with NX Nastran Function 3 : vs. 時間 関数
TABLED2 3 0. +
+ 0. 0. .001.0941083 .002.1873813 .003.2789911+
+ .004.3681246 .005.4539905 .006.5358268 .007.6129071+
+ .008.6845471 .009.7501111 .01 .809017 .011 .860742+
+ .012.9048271 .013.9408808 .014.9685832 .015.9876883+
+ .016.9980267 .017.9995066 .018.9921147 .019.9759168+
+ .02.9510565 .021.9177546 .022.8763067 .023.8270806+
+ .024.7705132 .025.7071068 .026 .637424 .027.5620834+
+ .028.4817537 .029.3971479 .03 .309017 .031.2181432+
+ .032.1253332 .033.0314108 .034-.062791 .035-.156434+
+ .036 -.24869 .037-.338738 .038-.425779 .039-.509041+
+ .04-.587785 .041-.661312 .042-.728969 .043-.790155+
+ .044-.844328 .045-.891007 .046-.929776 .047-.960294+
+ .048-.982287 .049-.995562 .05 -1. .051-.995562+
+ .052-.982287 .053-.960294 .054-.929776 .055-.891007+
+ .056-.844328 .057-.790155 .058-.728969 .059-.661312+
+ .06-.587785 .061-.509041 .062-.425779 .063-.338738+
+ .064 -.24869 .065-.156434 .066-.062791 .067.0314108+
+ .068.1253332 .069.2181432 .07 .309017 .071.3971479+
+ .072.4817537 .073.5620834 .074 .637424 .075.7071068+
+ .076.7705132 .077.8270806 .078.8763067 .079.9177546+
+ .08.9510565 .081.9759168 .082.9921147 .083.9995066+
+ .084.9980267 .085.9876883 .086.9685832 .087.9408808+
+ .088.9048271 .089 .860742 .09 .809017 .091.7501111+
+ .092.6845471 .093.6129071 .094.5358268 .095.4539905+
+ .096.3681246 .097.2789911 .098.1873813 .099.0941083+
+ .1-8.51-15ENDT
TLOAD1 101 102 LOAD 3
FORCE 102 4 0 1. 0. 1. 0.
DLOAD 1 1. 1. 101
TSTEP 1 100 .001 1
$ Femap with NX Nastran Constraint Set 1 : NASTRAN SPC 1
SPC1 1 123456 1
SPC1 1 13456 2
SPC1 1 13456 3
SPC1 1 13456 4
$ Femap with NX Nastran Property 100 : バー プロパティ
PBAR 100 1 2.5-55.208-115.208-11 0. 0. +PR 2S
+PR 2S 0. 0. 0. 0. 0. 0. 0. 0.+PA 2S
+PA 2S 0.
$ Femap with NX Nastran Material 1 : 等方性 マテリアル
MAT1 1 2.1+118.077+10 .3 7860. 0. 0.
GRID 1 0 0. 0. 0. 0
GRID 2 0 .25 0. 0. 0
GRID 3 0 .5 0. 0. 0
GRID 4 0 .75 0. 0. 0
CBAR 1 100 1 2 0. 1. 0.
CBAR 2 100 2 3 0. 1. 0.
CBAR 3 100 3 4 0. 1. 0.
ENDDATA


データの詳細はNastranのマニュアル見てください(^^;)

モード形状(固有ベクトル)にかかる係数の出力は

SDISP=ALL

で設定しています。

減衰は臨界減衰値の0.05を入力しています。

FemapはTload2を使えないようなので、表形式の荷重の入力(TABLED2)になっています。


もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/06/15(金) 00:06:39|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Nastran f06ファイルの中のモード形状にかかる係数の結果が書いてある場所 | ホーム | モード形状(固有ベクトル)にかかる係数の計算方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/812-2302524d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。