有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大きい振動と小さい振動 まとめ


前回までの話をまとめると、

1.振動し始めは減衰ありの時も減衰なしの時も差がない

2.減衰ありもなしも大きな振動(自由振動に近い振動数)と小さな振動(荷重と同じ振動数)

3.減衰ありの場合は大きな振動(自由振動に近い振動が減衰していく)が減衰してやがてなくなり、小さな振動のみとなる

ということです。


つまり、正弦波の過渡応答は

大きな振動(自由振動=固有振動数による振動)



小さな振動(荷重と同じ振動数の振動)

を足したもの(和)である、ということが観察できるのではないでしょうか。

また、減衰を考慮すると、

大きな振動は減衰して

小さい振動のみ(荷重と同じ振動数の振動のみ)

になります。


ほとんどの振動現象は、大なり小なり減衰しますので、

やがては荷重と同じ振動数で振動することになることが予想されます。(実際そうです)


よって、減衰のある場合で、なおかつしばらく時間がたった後の状態(大きい振動がなくなったとの状態)の振動が取り扱いやすそうです。

これらのことは実は重要で、これがわかっていると振動現象、特に周波数応答が理解しやすくなります(^^)


もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/04/23(月) 22:57:53|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<振動の一般解と特解のこと | ホーム | 大きい振動と小さい振動 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/776-16198597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【大きい振動と小さい振動 まとめ】

前回までの話をまとめると、1.振動し始めは減衰ありの時も減衰なしの時も差がない2.減衰ありもなしも大動に近い振動が減衰していく)が減衰してやがてなくなり、小さな振動のみとなるということです。つまり、正弦波の動(荷重と同じ振動数の振動)を足したもの(和)であ...
  1. 2012/04/23(月) 23:11:32 |
  2. まとめwoネタ速suru

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。