有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーダル変換を使った過渡応答解析(時刻歴解析)の呼び方。。。


それでは、モーダル法の過渡応答(時刻歴)解析を見ていくことにしましょう。

その前に、、、(^^;)


ここで

「モーダル法過渡応答解析」

と呼んでいる解析法ですが、いつものことながら各商用CAEソフトによって呼び方が異なります。。。

MSCやNXのNastranでは

Modal Transient Response Analysis
(モーダル法過渡応答解析)

と呼んでいます。

私は動解析はNastranから始めたので、このブログでもそう呼びたい(もしくは略してモーダル法過渡解析)と思います。。。

ABAQUSでは

Transient modal dynamic analysis

日本語のパンフレットには

時刻歴モーダル動的

と直訳で書いてます。。。

(せめて「動的」を前に持ってきたらと、思うのですが


CalculiXは

Modal dynamic analysis

とTransientが消えてます。。。


ANSYSでは

Mode Superposition Transient Dynamic Analysis

日本語のセミナーノートの目次には

モード重ね合わせ法

とあります。

個人的にはこれが一番解析の手法を表現しているネーミングだと思っております。。。

以上、呼び方がいろいろありますが、解析方法は基本的に同じです。

詳しくは次回以降見て行きます。



もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/06(月) 22:02:36|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モーダル法過渡応答と直接法過渡応答に違いはあるのか。。。 | ホーム | モーダル法過渡応答解析とは、いったい何か。。。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/731-f5455a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。