有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

静解析屋さんのための動解析講座 その9 cgxでモデル作成①

cgxは2つのウインドウで操作します。

ひとつは、cgx立ち上げ後に現れるグラフィックウインドウ(下図左側)、

もうひとつはcgxコマンドを入力したDOSプロンプトのウインドウ(下図右側)です。

ds008
グラフィックウインドウがアクティブな場合。コマンド入力可。
クリックすると大きくなります。

ds009
グラフィックウインドウが非アクティブな場合。コマンド入力不可。
クリックすると大きくなります。

cgxは大部分のコマンドをキーボードから入力します。

注意するのは、キーボードから入力するときも、グラフィックウインドウの方をアクティブ(ウインドウの枠が濃い色)にする必要があります。

実際キーボードから入力すると、DOSプロンプトの方に入力したコマンドが表示されますが、
こちらのウインドウは非アクティブになっています。

アクティブになっていないウインドウにコマンドが表示されるのは、なんか変な気分ですが、そういうつくりなので我慢して進みましょう。。。


cgxでは

モデルの形状作成

メッシュ作成

節点や要素のセットの作成

が可能です。

境界条件設定は、「完全には」できません。
「完全には」の意味はまた後ほど説明します。

材料物性設定はできません。

できない部分は、別にメモ帳などでテキストデータを作成しなければならないのですが、

順を追って説明します。


何はともあれ、はりのモデルを作成してみます。

まずははりの断面、1x1の正方形を描いてみましょう。

座標(0,0,0)にP001という名前の点を打ちます。

pnt P001 0 0 0

と入力してみてください(グラフィックウインドウがアクティブになっていることを忘れずに)

pntは点を打つコマンド、P001は名前 その後x,y,zの座標を打ちます。

グラフィックウインドウ上に点が1個現れると思います。

(現れない場合はグラフィックウインドウ上でマウスを動かすと現れると思います)

ds010
クリックすると大きくなります

もしうまくいかない方がいましたらコメントorメールください。
(やっている人いるのかな。。。)

もしよかったらクリックしてください。順位が上がります。。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

↓tsunodakoのつぶやき
tsunodakoをフォローしましょう
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/11/17(水) 21:18:29|
  2. 解析講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<静解析屋さんのための動解析講座 その10 cgxでモデル作成2 | ホーム | 静解析屋さんのための動解析講座 その8 CalculiXのプリの立ち上げ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/555-119a96da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する