有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FORTRANでSALOMEからCalculiXのデータ変換プログラムを作ってみる

さて、データの調べはだいたいついたので、プログラムを書いてみます。

と言っても私の本業は解析屋サンなので、プログラムを書くのはあまり得意としていません。。。

ネット上に公開されているソフトは素晴らしいものが多いのですが、それを作るレベルではとてもありません。。。

ということで、あくまでも勉強用ということにします。

つまり、例えば、使いやすさを考えるとファイル名の入力などのインターフェイスを考えなければならないのですが、それを始めるとても完成しそうにないので、その辺は省略し、変換するファイル名もあらかじめプログラム中にかいてしまおうと思っています。。。

また、何の言語で書くかなのですが、今回はFORTRANにしました。

なぜかというと、学生時代にプログラミング経験があるからです。。。

LINUX(DEBIAN LENNY)にはgfortranと言うコンパイラが準備されています。
(これがインストールされてないとccxが動かないはず)

ただし私の経験はFORTRAN77、gfortranはFORTRAN95に近いもののようです。

FORTRAN95はFORTRAN77などと下位互換性が結構あり、さらに使いやすい機能をが追加されています。

で、結局FORTRAN77の固定フォーマットを使いつつ、FORTRAN77では使えないコマンド(DO WHILEとか)も使いつつ、というどのバージョンか分からないプログラムを書いてしまいました。

次回、節点と要素の変換を行うソースコードをしめします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/05/24(日) 21:15:36|
  2. Salome
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<SALOMEからCalculiXのデータ変換プログラム | ホーム | UNVファイルのヘキサ要素の節点の並びを見てみる>>

コメント

久々jjishiiちゃんです。

CAE技術者は概ねプログラミングしない傾向あり気になります。
CAEのようなソフト技術は
1)マクロなどのプログラミングで自動化させる
2)もしくは手作業でやる
この2つしかなく、
プログラミングしない場合、策は後者たる手作業のみ。

多くのCAE技術者はプログラミングをせず、
作業技術者として日々過ごし、(サラリーマンとして飛躍する筈の)中年期に捨てられる。
これが余りに多い思います。=私もクビに ^^)

やはりプログラミングを実施し、諸々自動化させ
パッケージ屋の如くになり、業務革新するのが一番!。

立体3Dとプログラミングの相性が悪いいうのはありますが。技術者として生き残るに必須思います。
  1. URL |
  2. 2009/05/24(日) 22:23:27 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

Re: コメントありがとうございます


コメントありがとうございます!!

このごろは作業技術者+プログラミング技術を持っている人でも捨てられるようです。。。
(現実私の周りでも。。。)

CAE技術がプログラミング技術があるとかと会社で生き残れるかはあまり関係ないように思えます。。。

そういう方々を見ると自分の将来もどうかと考えてしまう訳ですが、結局は新製品開発やコスト削減につながる業務提案ができるかどうかが勝負の分かれ目のようです
(どの職業もそうですが)

昔、他部門からCAE部門に課長(ほとんどCAEを知らない)が移ってきて、現場から見ると無茶苦茶なCAEに関する業務改革を行って、部下は疲弊したが、本人は出世していったということもあったような。。。

  1. URL |
  2. 2009/05/25(月) 22:05:19 |
  3. tsunodako #-
  4. [ 編集]

ありゃ? そんな厳しいですか?

ウーム。自動化のため、プログラミングをパタパタやるのも嫌うようですねー。 
当社商談でも、手作業はロス大だが後に引継げる。
そこ重視して、敢えて自動化しないとかあります。

マクロやスクリプトを使った自動化実装は、便利だが、
カスタマイズ実施した当人を、配置転換(リストラ・クビ)
できんくなる。その点を気にするようです。

電機系は、(機械系に比べ)個人が勝手に色々やって
いいものできればOKいう それが、かつての傾向でしたが、
それも崩れてますかなー。

CAE技術者も、若手は生残り世渡り重視の現実路線。
結果製品開発に移動願いを・・・。  生き残る云々は万事運次第で
  1. URL |
  2. 2009/05/26(火) 09:56:38 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

Re: ありゃ? そんな厳しいですか?


不況で会社の調子が悪くなると、まずいわいる間接部門からリストラされます。

メーカー内のCAE部門でも他部門からの受託方式でやっているところなんかは、間接部門とみなされてしまう場合もあるので、そうなると部門ごとどっかに統合とか人数の大幅削減とかになって大変です。
(受託方式ではなく開発プロセスの中にCAEが組み込まれている会社でも派遣や請負で働いている方々は大変みたいですが。。。)

ようは、いままでものづくりにどれだけCAEが貢献してきたかが問われてしまうわけです。。。

こうなると、個々のスキルがどうこうという話ではなくなってしまいますね。。。


ソフトのカスタマイズについても、担当者がいなくなる場合は、適当な若手に、

「引き継いでおいて。」

の一言で終わりです。引き継ぐ方も引き継がれる方もたまったものではありません。

逆に、手作業モデル作成技能者でその人がいなくなるとある部品のモデルが作れなくなってしまう場合なんかは、CAE部門として仕事を失ってしまうので、残れてしまうこともあるようです。

モデル作成はモデラーソフトを習えば誰でもできるが、プログラミングは言語を習っただけではできない、と考えるか、
プログラミングは習えば誰でもできるが、実製品のモデル作成は経験とセンスがないとできない、と考えるのかの違いですが、
実際はどちらとも正しくはなくて、プログラミングもモデル作成も習っただけではできない、というのが正しいと思うのですが。。。
  1. URL |
  2. 2009/05/27(水) 00:31:43 |
  3. tsunodako #-
  4. [ 編集]

>>その人がいなくなると・・・・残れてしまうこともあるようです。

jjishiiですが、その類は、技術系でよくある定番みたいです。

1)手法公開、手順など整備、ガラス張りっぽく仕事し、
2)装置やシステムを工夫し、仕事を合理的に進め
3)品質面などの問題起こらない体制構築する

これで、部門リストラ削減です。 逆は逆、問題山積部門が繁栄。
問題発生源が出世・・。この類は、場所問わず多い模様。

CAEは、標的にされやすいですね。
CAE技術者=コストが高い。そこを突いてくる。そしてリストラ=定番。

CAEビジネスは、研究所や専任相手は、リストラ懸念ありやや危なく
設計部門相手が手堅いです。設計屋さんは、費用面・要求面ややきついですが・・。


景気ドツボだが、CAEニーズ堅調。受託は落ちてない印象あります。
業者選別あり、大手業者が堅調。 その大手も、
スポット的受託解析を激安捨値で出してるようで、困るのですが。^^)

競争見積になる、どこでも出来る奴は捨ててますが、
他でできない、難儀な案件にも価格影響出て困ります。

CAEは、
・CADなどデータあれば、金出せばアウトソーシング先ある
・アウトソーシング先が大手なら、品質・解精度は鉄板
思われている傾向がありますかねー。
  1. URL |
  2. 2009/05/27(水) 04:04:56 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!!


> 競争見積になる、どこでも出来る奴は捨ててますが、
> 他でできない、難儀な案件にも価格影響出て困ります。

これではどんどんCAEが安くなってしまいますね。

確かに、

CADデータを少し修正
オートテトラでメッシュ作成
依頼者の指示どおり境界条件を設定
計算して応力図出して終わり

では安くてもしょうがないですが、

CADデータの大量修正とか、境界条件モデル化にノウハウがいるとか、試験結果としっかりあわせろとかいう場合は、価値があるはずなので、それなりに払ってもらわないと、と言うわけですね。

問題はCAEの価値を判断できる方々が増えていないということでしょう。。。

ソフトウエア産業全体についても、私が学生のころは優秀な方々の花形職種だったのに、どんどん安くしていった結果、需要は増えているのに、いつの間にか3K職場で不人気職種になるし、技術者の質は落ちるし、その結果システムトラブルは増えるし、これから電子化が進む自動車産業なんかは、今のシステムエンジニアの質が信頼できないらしく、自前で育てると言い始める始末。。。
(まあ事故が起きたら大変ですから)

> CAEは、
> ・CADなどデータあれば、金出せばアウトソーシング先ある
> ・アウトソーシング先が大手なら、品質・解精度は鉄板
> 思われている傾向がありますかねー。

思われている、ということは実際はそうでないということですねーー。
また、そういう風に思われている方は、CAEの品質や解精度についての理解があるかどうか非常に怪しいですよね。

結局世の中自分で自分の首を締めている方向にすすんでいるような。。。
  1. URL |
  2. 2009/05/27(水) 21:16:24 |
  3. tsunodako #-
  4. [ 編集]

>指示どおり境界条件を設定
>計算して応力図出して終わり

もっと丁寧解析も大手は捨値ですね 。何かと安いのが今流。
小さいとこは今後ガンガン潰れて行くことでしょう。

>価値を判断できる方々が増えていないということでしょう。。。

価値は判断してて、雑な業者は切ってるようです。


皆目が肥えてて、要求水準が高い。。
超人的に良いものが安く入手でき当たり前いう。
世の中そうなってるので、仕方なしでしょうか?。

ハード水準思えば、CAEはまだまだ高いのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2009/05/27(水) 23:10:40 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

いつもコメントありがとうございます!!

>
> もっと丁寧解析も大手は捨値ですね 。何かと安いのが今流。
> 小さいとこは今後ガンガン潰れて行くことでしょう。
>

設計者向けCAEビジネスも大変ですね。。。
確かに大手受託解析会社で働いて、病気になってしまった人も知っていますし。。。

>
> 皆目が肥えてて、要求水準が高い。。
> 超人的に良いものが安く入手でき当たり前いう。
> 世の中そうなってるので、仕方なしでしょうか?。
>
受託解析業者とそんなに付き合いがある訳ではないのですが、たまに取引メーカーとの開発会議などで、取引メーカーが受託解析業者にやらせた解析結果をみる機会があります。
取引メーカーは、シミュレーションまでやってます!という感じで、自慢げにいい、確かにシミュレーションは高度なテクニックを駆使したりしているのですが、設計レビューや製品評価という観点でいうと、どうなのでしょう???
例えば、破壊のメカニズムはこうであるといっているのに、評価する応力成分はMises応力でよいの?とか少し突っ込むだけで黙ってしまうこともあります。。。
まあ、私は電機屋さんの世界にいるので、機械メーカーはもっと高いレベルなのかもしれませんが。
あと、設計者向けCAEと研究、専任者むけCAEでは方向性が違うのは当然なのですが、全く別物、という訳ではないので、世の中少し混乱している感じもしますね。
受託業者が激安になってしまうと、メーカー内の研究や解析専任者がやっている解析も外に出せば簡単にできる、と思ってしまう方が多くて説明に困るのですが、でももしかして受託解析業者はそこまで進歩しているのでしょうか??

> ハード水準思えば、CAEはまだまだ高いのでしょうね。
人件費はどの業種もかかりますが、その他CAEはソフトが高い!!!
受託解析も依頼するメーカーは高価なソフトでの解析でしか認めないところも多いと聞くので、小規模のところは大変でしょうね。。。
私はフリーソフトでなんとかならないの、というのがこのブログの趣旨でもありますが。。。
  1. URL |
  2. 2009/05/28(木) 22:06:42 |
  3. tsunodako #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/293-5c11873c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。