有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

unvファイルの中を見てみる

さて、変換するためにunvファイルの中を見て、フォーマットを確認してみます。

なお、unvファイルのフォーマット説明は多分どこかにあると思うのですが、それは残念ながら手元にないので、データを追ってフォーマットを予測します。

よってフォーマットの説明については私の予測で正式なものではないことをあらかじめお断りしておきます。。。

早速前々回示した梁のモデルのデータをunvファイルのExportして、中をテキストエディタで開けてみます。

-1
2411
1 0 0 0
0.0000000000000000E+00 0.0000000000000000E+00 1.0000000000000000E+00
2 0 0 0
0.0000000000000000E+00 0.0000000000000000E+00 0.0000000000000000E+00
3 0 0 0
0.0000000000000000E+00 1.0000000000000000E+00 1.0000000000000000E+00
4 0 0 0
0.0000000000000000E+00 1.0000000000000000E+00 0.0000000000000000E+00



最初の2行はヘッダのようです。
3行目からどうやら節点のデータが書き出されています。




261 0 0 0
1.7500000000000000E+01 5.0000000000000000E-01 7.5000000000000000E-01
-1
-1
2412
1 22 2 1 7 3
0 0 0
2 83 9
2 22 2 1 7 3
0 0 0
9 82 1
3 22 2 1 7 3
0 0 0
1 85 10
4 22 2 1 7 3
0 0 0
10 84 3




261個節点があって、そのデータが終わると3行ほどフッダとヘッダがあって、今度は要素らしきデータが始まります。

2行おきに最初のデータが1、2、3と増えていくので3行一まとめのデータだと思われます。




48 22 2 1 7 3
0 0 0
44 129 7
49 45 2 1 7 8
2 83 9 130 45 131 12 88
50 45 2 1 7 8
12 131 45 132 11 86 4 89
51 45 2 1 7 8
9 82 1 85 10 133 45 130



途中(No49から)からデータの数が増えます。多分エッジ(線)からフェイス(面)のデータに移ったようです。このあとNo121からさらにデータが増えてボリュームのデータが現れます。




152 116 2 1 7 20
81 261 74 218 14 135 46 254
253 217 93 136 54 162 44 129
7 95 15 161
-1
-1
2467
0 0 0 0 0 0 0 21
Node_fix
7 89 0 0 7 82 0 0
7 88 0 0 7 1 0 0
7 2 0 0 7 3 0 0




要素のデータがNo152で終わるとまたフッダ、ヘッダが3行出てきて、グループのデータが書き込まれています。最初にNode_fix、次にElem_Allが書き出されています。




8 150 0 0 8 151 0 0
8 152 0 0
-1



グループが終わると、最後フッダの-1で終わります。

どうやら-1~-1までで、データが種類別になったデータブロックを表していて、データの種類は-1の次の番号

2411であれば節点
2412であれば要素
2467であればグループ

を表していると予想されます(あくまでも私のよそうです。。。)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。





スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/05/19(火) 21:22:41|
  2. Salome
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Salomeから出力されたユニバーサルファイルを読んでみる その2 | ホーム | SalomeモデルデータをIDEASユニバーサルファイル形式(.unv)で出力して見る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/290-5a4f585e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。