有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SalomeでVolumeで要素グループをつくる


前回からの続き。。。

Volume要素の選択ですが、画面上で右クリックしてでてくるメニューで

Display Entity → Volume

Group-element-05
クリックすると大きくなります

を選択してから、グループの要素選択を行うと選択できます。

Group-element-06
クリックすると大きくなります

ただし、以下のように表面にある要素しか選択できません。。。
Group-element-07
クリックすると大きくなります

ここで、10分考えましたが、Wireframe表示にして選択するとなぜか奥の要素まで選択できるようです。。。

Group-element-08
クリックすると大きくなります


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/05/13(水) 23:07:54|
  2. Salome
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<フリープリポストSalome Nodeのグループ作成 | ホーム | SalomeでVolumeで要素グループをつくろうとしたのだが>>

コメント

ウーム 一面を取るのは難しいかな?

jjishiiですが、最近日課の如く、毎日カキコです。 圧力とか伝熱では、
面選択必須、特に後者はより緻密な表面選択が望まれます
でも、多くのメッシャーは苦手でしょうか。   結果、
面選択(設定)不要な非線形解析発達いう、そっちに事例偏在と感じます。


先日、掃除しててCAEカタログぞろそろ・・。  そこに珍しく伝熱事例。
見ますと、メッシュ変わっても体丈夫いう紹介事例。 

伝熱解析が粗悪メッシュに強い点に目をつけ、
ソフトのタフサを示す事例で使う。

こういう事をやってると不信出るなー。なんて思ってしまいます。
そのカタログはゴミ箱に。 ^^)
  1. URL |
  2. 2009/05/13(水) 23:47:16 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

Re: ウーム 一面を取るのは難しいかな?

jjishiiさん、こんばんは。
毎度コメントありがとうございます!!

> jjishiiですが、最近日課の如く、毎日カキコです。 圧力とか伝熱では、
> 面選択必須、特に後者はより緻密な表面選択が望まれます
> でも、多くのメッシャーは苦手でしょうか。   結果、
> 面選択(設定)不要な非線形解析発達いう、そっちに事例偏在と感じます。

確かに。。。
伝熱は確か境界に何も設定しないと断熱条件になってしまうのでしたよね。
通常の構造物では断熱条件になる場合は少なく、熱伝達条件を面ごと細かく設定する必要がありますよね。
そういえばここ数年仕事(本業)で伝熱解析をやっていない。。。

> 先日、掃除しててCAEカタログぞろそろ・・。  そこに珍しく伝熱事例。
> 見ますと、メッシュ変わっても体丈夫いう紹介事例。 
>
> 伝熱解析が粗悪メッシュに強い点に目をつけ、
> ソフトのタフサを示す事例で使う。
>

そうか、その手があったか。ソフトベンダーに転職することになったら使おうっと(笑)

まあ、「構造(応力)解析でも同じ様にタフです」と併記していない限りウソではないですね。
「CAEを使えば設計開発期間が短縮できます。」というのも、「簡単に」という言葉が入っていなければウソにはなりません。。。


  1. URL |
  2. 2009/05/14(木) 00:48:19 |
  3. tsunodako #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/286-28d90c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。