有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CalculiX cgx Viewingメニューについて

まず、前回マウス操作について触れなかったので、説明しておきます。

マウス操作は、

左ボタンドラッグ-回転
真ん中ボタンドラッグ-拡大縮小
右ボタンドラック-平行移動

です。

(使っている方ならわかっていると思いますが...)


次にモデルウインドウメニューの説明をします。

ただ、一部のメニューは役割がよくわからないものや、

私のPCで使うとcgxが落ちてしまうもの、

もあるので、私が割りとよく使うものを中心に見ていきたいと思います。

正確なところはマニュアルをご覧ください。また、いくつかのサイトで説明しているものもあるようです。


Show Elements With Light
-マニュアルによると表示状態をデフォルトに戻すもののようです。
使ったことはありません。
要素を表示した状態で使うとカラー表示が白黒表示になってしまうのですが、
コマンドからplot e allで元の色に戻ります。

Show Bad Elements
-これも使ったことがないのですが、形状の悪いソリッド要素を表示して特定のセットに格納してくれるそうです。

Fill
-デフォルトの表示状態。いわゆる陰面消去をしてくれるのだが、
要素の境界表示や要素番号表示したときに見にくいことがある
結果をコンター表示するときにもこの設定しておく必要あり

Lines
-線で表示してくれる。要素を表示すると要素の中にも線を描いてしまうので、個人的には見にくいと思う。

sample1-v1
クリックすると大きくなります。

Dots
-要素のコーナーと面中心に点を表示する。Toggle Element Edgesとあわせて使うと、要素がほぼFrame表示できる。

sample1-v2
クリックすると大きくなります

以下先頭が"Toggle"で始まるメニューですが、これらは一度選択するとOn、もう一度選択するとOffになります

Toggle Culling Back/Front
-Fillで要素表示させた状態でこのメニューを選択すると、モデルの一番外側の要素の面が消える。要素番号が見やすくなります。

Toggle Element Edges
-要素の境界を表示してくれます。上記"Fill"や"Dots"とあわせて使うとよいです。

Toggle Surfaces/Volumes
モデルの表面だけ要素境界を表示するか、モデルの内部も要素境界を表示するかのスイッチです。

Volumeの状態
sample1-v3

Surfaceの状態
sample1-v4
クリックすると大きくなります。


Toggle Move-Z/Zoom
-マウスの真ん中ボタンの設定が変わるようですが、私のpcではうまくいきません...

Toggle Background Color
-モデルウインドウの白黒反転です。

Toggle Vector-Plot
-結果のベクトル表示ができるようですが、使ったことはありません

Toggle Add-Displacement
-変位結果を表示してくれます
変位は小さくてわかりにくい場合は、scal
コマンドでスケーリングできます。

sacl d 10

で変位が十倍になります。

変位10倍にした場合
sample1-v5
クリックすると大きくなります。

***これはフリー有限要素法ソフトウエアCalculixについての説明です。ABAQUSコマンドの説明ではありません***

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング





スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/02/12(木) 21:26:09|
  2. cgx
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CalculiXのポスト処理(cgx Datasetsメニューについて) | ホーム | CalculiX cgxの立ち上げ方とマウス操作の復習>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/214-b344cc95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。