有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gmshで作った2次テトラ要素のモデルをCalculiXに対応させる

テトラ2次要素の節点の並び順を確認してみます。

説明図をマニュアルから抜粋すると、

CalculiX_vs_gmsh
クリックすると大きくなります。

見ている方向が違い、また節点番号がCalculiXは1から、Gmshは0から始まるので、違いをみつけるのは、ちょっとした脳トレです。

結局、9番目と10番目の節点が逆になっていますので、Excelで、9番目と10番目を入れ替えれば、OKです。

今度はエラーが出ずに解析できるはずです。

*INCLUDE, INPUT=tetra02-2jia.csv
*INCLUDE, INPUT=fix.nam
*MATERIAL, Name=steel
*ELASTIC
28000, 0.3
*SOLID SECTION, Elset=Eall, Material=steel
*STEP
*STATIC
*BOUNDARY
Nfix,1,3,0
*CLOAD
5,2,-0.05
6,2,-0.05
29,2,-0.1
30,2,-0.1
*NODE FILE
U
*EL FILE
S, E
*END STEP

***これはフリー有限要素法ソフトウエアCalculixについての説明です。ABAQUSコマンドの説明ではありません***

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/08(水) 19:12:41|
  2. Gmshプリポスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<CalculiX TETRA2次要素の解析結果 | ホーム | Gmshで2次テトラ要素のモデルを作る>>

コメント

ウーム。節点番号の順番違い=なかなか落とし穴ですね
計算コケた時、エラー原因の要素番号情報出る場合はいいのですが。

マトリックスソルバー発散したり
解けても解変だったりが、一番難儀で、
昔、要素の節点番号並びしくじって、苦労したことがあります。
  1. URL |
  2. 2008/10/09(木) 09:14:17 |
  3. jjishii #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

FEMは一応左回りに番号をつけるのが暗黙の了解となっているようですが、
今回のように中間節点までは統一ルールがないようですね。。。。

  1. URL |
  2. 2008/10/09(木) 22:29:28 |
  3. tsunodako #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freecaetester.blog62.fc2.com/tb.php/103-0257aa96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。