有限要素法のフリーのソフトウエア を試す

CAEで使われるフリーの有限要素法(FEM)ソフトウエアであるCalculixやOpenfoamを使ってみようとチャレンジしてたその足跡を残す。。。ついでに他のフリーソフトや商用ソフトの無償版にも手を出してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あけましておめでとうございます。昨年はありがとうございました。


ブログをごらんの皆さま、あけましておめでとうございます。

このブログ、本人の解析メモを目的に、
そのなかで少しはみている方のお役に立てるものがあれば、という感じで進めているので、
一部内容や日本語に誤りがありますが、

更新を目標に書いているということと、
本人仕事が遅いので完璧に書こうとすると1ヶ月に1回の更新ペースになってしまうと思いますので
(はい、たんなるいいわけです^^;)、

その辺はご容赦お願いします。
(致命的なミスは直していますが)

とは言いつつ、あまりにもアクセス数が少ないのは書いててむなしいので、
ぶろぐ村などに登録して、多少なりとも露出していこうという気は正直あったのですが、
テーマがテーマだけにそんなに見る人はいないだろうとも思っておりました。

が、フリーのシミュレーションソフトという需要は馬鹿にできないものがあり、現在平日ではユーザー(IP)数で100前後(多い日は150以上)、ペーパービューで300前後(多い日は500以上)のアクセスがあります。

有名芸能人ブロガーに比べれば些細な数ですが、業界では有名なCAE掲示板のユーザー数よりアクセス数が多い日があるということを考えてみると、せめて日本語は正しく入力しないととは思っております。。。

なにはともあれ、昨年はブログへのご訪問、コメントなど本当にありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

最近は、少しIMPACTの話題を引きずっていますが、ちかじかCalculiXの方に話を戻したいとは思っております。


最後にお年玉代わり(?)に私がお気に入りの曲をお送りします。。。(たまたま見かけたインディーズですが)



少しは心に響くエンジニアの方もいるのではないでしょうか・・・(私だけかな^^)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。


スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/04(月) 00:01:42|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひずみゲージの”ゲージ”は"gauge"か"gage"か。。。


解析ネタの準備ができてないので、別のことを書きます。。。。(^^;)

応力シミュレーションと実験結果を比較するときに、ひずみゲージの測定結果がよく使われていますし、私もよく使います。

このひずみゲージ、英語の論文を見ると

strain gauge

の場合と

strain gage

の場合の2通り見かけます。

英語でgaugeが計測器の意味なのでgaugeが正しくて、gageは間違いと思っていたのですが、

日本のひずみゲージの大手メーカーであるK社のひずみゲージの箱をみてみると、

strain gage

と書かれていたので、「!」と思いました。

この会社の英語のウェブサイトにも、strain gageと書かれています。

K社さんはひずみ測定ではグローバル企業なので間違えるわけないし。。。

ということで、よく調べてみたところ、アメリカではgageと表現しても間違いではなく、YAHOO辞書にもgage=gauge[米]と書いてあります。

アメリカ人が"u"を抜いてしまったというわけみたいですが、colorとcolourほどには一般化されていないような感じです。

ウイキペディアの英語版にはstrain gaugeと書いてありますが、下の参考文献(References)とかリンク(External links)をみると、strain gageと書いているものが多いですね。

ということで、strain gageも間違いではないということなのですが、どっちが正しいかとか考えるのは日本人くらいですかね・・・


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/07(木) 22:35:58|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

業務連絡? 拍手でコメントいただいた方々へ

業務連絡というわけではありませんが。。。

このFC2ブログ、拍手機能がありまして、あわせてコメントもできて、何件かコメントいただいていたのですが、、

私ほとんどみていませんでした。。。。

(拍手コメントがきたらメールが届くような設定にしているつもりだったのですが、何故かメールが届かない。。)

というわけで、コメントいただいた方にはこの場で御礼申し上げます。

また拍手からはコメントできないようにしました(やはり見るの忘れそうなので)

コメントは大歓迎ですので、ブログ本体のコメント欄

(見えない方は本文の下にあるコメント(数字)をクリックして表示される画面の下に出てきます)

にお願いします。

ご感想、解析のリクエスト何でもOKです。


ところで、そのコメントの中に文章がわかりにくいというご指摘がありましたが。。。。はい自覚してますよ。。。(笑)

もともと日本語力が乏しい私です。。。

校正すれば少しはまともになるかもしれませんが、私が校正始めると短い文書でもなぜか2時間くらい平気でたってしまい、日常生活に支障が出てくるので、ほとんど読み返しなしの無修正?でお送りすることをどうかご了承ください。

(まあ、もともとは私のメモ代わりに始めたものなので、といういいわけができないほどこのごろアクセス数が増えているという話も。。。)


なお、内容をまとめてBLOGとは別にホームページを立ち上げようと思っており、ドメインをとって書いてはいるのですが、やはりその文章の校正に時間がかかっており(全部書き直したくなってしまう。。。)、もう少し先になりそうです。。。

さて、スタンプモデルも飽きてきたので、できればあと2,3回で終わりにして、伝熱解析でもやろうか、と思っています。

もしよろしければコメントやブログ村の投票をよろしくお願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/04/09(金) 18:51:42|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自動車研究所の一般公開で自動車衝突試験を見てきました

今日つくば市の日本自動車研究所(JARI)の一般公開があり、自動車衝突試験を公開するということなので、

たまには外に出てみました。。。(笑)


民生品のシミュレーションの花形は自動車衝突解析だと勝手に思っているので、

(自動車関連メーカーで解析したことがないのですが。。。)

試験の実物を見てみようというわけです。。。

写真はクリックすると大きくなります(携帯取りなので画像はよくありませんが)

しかし今日は寒い。今朝の雪も残ってました。

car-impact01

今日の試験のスペック
car-impact02

一般公開のイベントとはいえ、自動車一台潰す試験。

データもきちんと採るようで、高速カメラなどの測定系も準備されていました。

衝突壁。壁にセンサーがつながれているみたい。ライトは高速カメラの光源だと思う。
car-impact03

高速カメラはナック製(GX-8か?←わかる人はわかる。。。)
両側からカメラ2台ずつ、計4台で撮影
car-impact04

トリガーセンサーのセッティング。ここを通過する時テープを踏むと高速カメラの撮影が始まる仕組み。
car-impact05

試験は一瞬で終わる。。。

試験終了直後の車。煙はエアバックか膨らむ時に出たものだと思う。
運転席の母親ダミーはエアバックが開いてダメージは小。
しかし後部座席のシートベルトをしていない子供ダミーがぶっ飛んで(飛んでいるところをみた。。。)ひっくり返っています。。。
car-impact06

助手席に乗せたチャイルドシート。膨らんだエアバックに衝突し持ち上げられてしまっています。。。
car-impact07

ということで、

‐助手席のチャイルドシートは危ない
‐後部座席でもシートベルト締めようね

ということが実証できて、実験は成功。

見学者が大勢いましたが、衝突した瞬間は一瞬静まり返った感じ。迫力ありました。


ほかには視野が全方位のドライブシミュレータやEV用水素貯蔵タンクの実物展示、

衝突シミュレーション技術や人体モデルのパネル展示もありました。

car-impact08

衝突解析している方と少し話しましたが、現実とシミュレーションをあわせるのが大変なのはどこも同じようです。。。


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

技術・工学ブログランキング
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。






テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/04/17(土) 19:45:49|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D-CADの本

今週も週末は独り言を。。。

絵ときでわかる3次元CADの本 選び方・使い方・メリットの出し方」(日刊工業新聞社)

を読みました。

この手の本は、情報が偏っていたり、マネージメントレベルからの視点のものが多く、

現場の人が読むにはいまいち、というものが多いのですが、

この本はめずらしく、中立的で現場の人が一般的知識を得るにはいい本です。

技術的に詳しいことはあえて書かずに、あくまでも3D-CADが

どういうもので、現状どのように使われているかや

導入する時どのように選べばよいか、使いこなすにはどのようにすればよいか、ということに対する

ヒントも書かれています。。


例えば

「販売店(代理店)の担当は、あまりそのCADに詳しくないことの方が多い」

とはっきり書いているのは

(CAD/CAEをやっている人には常識ですが、初めて買う人は知らないだろうな。。。)

ある意味痛快です。

CAE専任者はCADについては名前と受け渡しデータに使うための知識しか知らなかったりするので、

(私がそう。。。)

そういう方が3D-CADの現状の知識をちょっと得るにはいいかもしれません。


3D-CADもCAEもそうですが、大学の先生、ベンダー、ユーザーなどいろいろな方がいろいろなことを言うので、情報が混乱気味ですね。

中立的な視点で概説する書物がでてくることを望みます。。。



にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
にほんブログ村
↑もしよかったらクリックしてください。ランキングがあがります。。。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/04/24(土) 16:44:13|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

tsunodako

Author:tsunodako
tsunodakoのプロフィール
無料でCAE環境を構築に挑戦中。
が、現在少し休止中。そのうち復活します。
ご意見ご感想をブログコメント大歓迎です!!!
メールの場合は下のほうにあるフォームに入力していただくか

tsunodako[at]yahoo.co.jpまで([at]=@に変換してください)。
このブログにあるソフトやデータを使用して生じた結果は責任負いませんのであしからず。
静解析CAE技術者のための動解析講座は http://vibrationcae.blog.fc2.com/ に移動いたしましたのでよろしく。

ブログ内検索

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

tsunodakoへのメールはここからでもOK

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。